鹿島槍ヶ岳日帰り <前編>

柏原新道から南峰を往復してきました・・


◆鹿島槍ヶ岳・かしまやりがたけ・長野県・2,889m◆

                                           2010年7月19日(月) 《家族登山》


【行動時間 約12時間(休憩含む)】
柏原新道登山口(5:15)―種池山荘(7:40)(8:10)―爺ヶ岳南峰(8:45)―冷池山荘(9:45)(10:05)―鹿島槍ヶ岳(11:40)(12:10)―冷池山荘(13:15)(13:30)―種池山荘(14:55)(15:15)―登山口(17:15)





久しぶりの家族揃っての山登り
稜線の涼しい風を求めて後立山連峰の未踏の双耳峰へ



画像



登山口にて登山届を提出
行き先は爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳、日程は日帰り
長いコースだけどピストンなのでそれほどの不安はなかったです
(常念~蝶ヶ岳の日帰り周回の時はかなり不安だった)
折り返しのタイムリミットを12時と決めて出発・・


画像



樹林帯の窓から眺められる針ノ木岳・蓮華岳などの連なる山並みがとても綺麗
モミジ坂の九十九折で始まる柏原新道はとてもよく整備されていて歩きやすい道です
眼下に見える扇沢の駐車場はどんどん小さくなっていきます


画像



画像



登山道にはこの時間まだ陽が当たらず緩やかに続く道は涼しく気分爽快
左前方の稜線上には種池山荘の赤い屋根が見えていてこれを目標に登っていきます
小さな雪渓を2度渡り階段状の道を登りきると視界は開け稜線に到達
種池山荘のベンチで遠くの富士山を眺めながらしばらく休憩しました


画像



画像



(八ヶ岳 富士山 南アルプス)
画像



登山口から山荘までですでに標高差は1,000m以上
けれど歩きやすい道はあまり疲労を感じず4人はみんな元気です
持参したおにぎりやパンを食べておなかを満たしたあと爺ヶ岳に向けて出発


(爺ヶ岳に向け明るい稜線歩きの始まり)
画像




(稜線の先には鹿島槍ヶ岳がすぐ近くに見えるけれど・・)
画像



爺ヶ岳に向けてハイマツ帯の道をジグザクに登っていきます
あっという間に見えなくなる子供たちの足の速さは私の2倍以上のスピードかも
振り返るとバックに剱・立山連峰を従えた山岳風景がとても雄大でした


画像



(立山~剱岳 中央は種池山荘)
画像



アルプスらしい砂礫の道を登っていくとやがて爺ヶ岳南峰に到着
鹿島槍ヶ岳からの流れる落ちるような稜線がとても綺麗です
このあと爺ヶ岳は中峰・北峰と続くけどそれぞれ山腹を巻いて進みました


画像



画像



(この稜線が見たかった♪)
画像



画像



画像



画像



軽いアップダウンを繰り返しながら眼下に見える冷池山荘に向けて降下していきます
気付けばいつも隣には剱・立山の雄姿
励まされながら歩いていくけど長い稜線はなかなか前へ進みません
信州側から少しずつガスが沸きあがってきました


画像



画像



画像



画像



画像



赤岩尾根の分岐点の冷乗越を過ぎると今度は登りになり、樹林の間を抜けると冷池山荘に到着
持参した冷凍ゼリーはすっかり融けてしまったけどやっぱり美味しかったです
山の中のささやかなご馳走。。。


画像



ここまで汗ひとつかかず息も切らさないで登ってきた子供ふたり
気になる時間もこの調子なら山頂まで到達できるかな?


でも山荘後ろに聳える高く大きなその山を見たとき私もちょっと心が折れかけました(汗


画像



画像



(布引山)
画像



冷池山荘を過ぎると今度は緩やかな登りになり
やがて標高差200mの一丁前の登りの布引山へと続きます
アップダウンの激しい道は帰りも当然アップダウン。。先が思いやられます・・



画像







後編へ】