梅雨の最中の白山 <前編>

今年初めての御前峰に登ってきました・・


◆白山・はくさん・石川県・2,702m◆
                                     
 
                                             2010年7月10日(土) 《単独》


【行動時間 約6時間40分(休憩含む)】
別当出合(5:20)―中飯場(5:45)―甚ノ助避難小屋(6:50)―室堂(8:05)(8:30)―御前峰(9:00)―室堂(9:30)(9:55)―黒ボコ岩(10:10)―殿ヶ池避難小屋(10:45)―別当出合(12:00)




早朝5時の駐車場にはすでに予想以上の車が止められていました
工事中だった白山公園線がようやく開通して今年初めての白山
別当出合の風景も懐かしいです


天気予報は回復するとのことだけど今のところ辺りは深いガスに覆われています
展望は望めないことから登りは迷わず砂防新道を選択
今日の長丁場に控え出来るだけ体力を温存しておきたいとも思っていました


白山登山のプロローグ・・別当谷に架かる橋を渡って今日の山物語のはじまりはじまり・・
細かい霧のシャワーは涼しく快適な登りです
新しく付け替えられた登り専用の道はそんなに長くないけど下りだと怖そうな急な岩段の道
やや距離が短くなって中飯場にもすぐに到着


画像



そのまま休むことなく中飯場を過ぎガスで見えない不動滝を右手に登っていきます
どこからか聞こえてくるウグイスの声がとても爽やか
このあたりのお花はまだまだ早くほとんどみられませんでした


(覗く必要もない真っ白の「別当覗」)
画像



甚ノ助手前の道も以前よりまた整備されて歩きやすくなっていました
気になるお天気だけどガスは晴れることなくやがて大粒の雨が(汗
レインウェアの上衣だけ着込みカメラはザックの中にお片付け
今日は気合十分で来たけど なんだかテンション下がるなぁ。。。


画像



画像



雨はほどなく止んだけど足取りは急に重くなりました
予定していた今日のルートは
砂防から釈迦新道を周り市ノ瀬から別当まで車道を歩いて戻るというおそらく26~27kmのコース
ちょっと長いけど調子のいい今なら頑張れるだろうと・・でもこのお天気だと難しいかな
室堂に着いてから考えることにしよう。。。


画像



画像



画像



黒ボコ岩直下の雪はほとんど消えていました
周辺はミヤマキンポウゲやミヤマダイコンソウ、リュウキンカ、ハクサンフウロ、ヨツバシオガマなど初夏の花々でとても華やか
12曲りの急登もそんなお花たちに癒されながら頑張って登っていきます


画像



画像



画像



画像



真っ白な弥陀ヶ原を抜け岩ゴロの五葉坂を登って室堂に到着しても天候は一向に変わらず
グレー一色の空からたまに抜けるような青空が覗くけどすぐに隠れてしまう・・
立ち止まると寒いのでしばらく室堂センターの中で様子を見ることにしました
中には4、5人ほどの方がいて代わる代わる外の様子を伺っています


画像



センターの中でかれこれ30分近く頑張ってみたけど一向にガスは晴れることはなく
この真っ白な中、雪渓を渡って七倉山方面へ向かう自信も気力もすでに失せていたので
今日の予定はあっさり諦め御前峰の往復にとどめることにしました
咲き始めたクロユリを写真に収めながら山頂へと向かいます。。。


画像



画像



画像



画像



画像



画像



この天気でこの時間、山頂の人影はまばらでした
風も少しあり寒いので写真を数枚撮ったあとすぐ下山します
登ってくる方たちと「今日は残念ですねぇ」なんて会話を何度か交わしながら足早に石段を下りていきます


山はいつでもそこにある・・チャンスはいくらでも・・


画像



「みっちゃん!!」

・・え!?






後編へ】