5月の北アルプス・唐松岳<前編>

稜線漫歩の八方尾根と北アルプスの大展望・・


◆唐松岳・からまつだけ・長野県・2,697m◆

                                           2010年5月16日(日) 《主人と二人》


【行動時間 約6時間半(休憩含む)】
八方池山荘(8:35)―第三ケルン(9:25)―丸山(10:45)―唐松岳山荘(11:35)―唐松岳(12:00)(12:15)―唐松岳山荘(12:30)(13:00)―第三ケルン(14:20)―八方池山荘(15:00)





唐松岳に登ったのは4年前の夏
初めてのテント泊で白馬岳から五竜岳までの3泊4日の後立山縦走をした時に登った
思い出深い山のひとつです


懐かしい景色に出会うために、今回はまだ歩いたことのない八方尾根から
リフトとゴンドラを乗り継ぎ標高1,850㍍の八方池山荘に到着すると
目の前には白く輝く山並みがまるで屏風のように連なっていました


(白馬三山)
画像



画像



画像



尾根に続く登山道はしばらく夏道と変わらない状態でした
緩い傾斜の道を眩しい日差しを浴びながら気持ちよく登っていきます
前後左右どこを見ても最高の景色です


画像



(鹿島槍ヶ岳・五竜岳)
画像



画像



画像



登るごとに少しずつ形を変えていく白馬、五竜、他の山々を眺めるのが楽しかったです
第2ケルン手前より時々雪の上を歩くようになりサクサクと心地よいその感触
風が強いと言われる八方尾根も今のところ無風に近く嬉しい限りです
女性二人組と前後しながら登っていきました


画像



(左から 雨飾山・焼山・火打山・妙高山・乙妻山・高妻山!!)
画像



画像



画像



画像



(八方池はまだ雪の下・・)
画像



(前方のピーク、丸山へと向かう)
画像



ダケカンバの疎林の下ノ樺にてアイゼンを装着
急斜面を後ろを振り向かないように・・一歩一歩登っていきます
春山特有のザクザクとした雪質・・でも滑りやすいので慎重に


画像



画像



画像



画像



画像



丸山にて小休憩
持ってきた大好物のランチパック(ピーナツ)で小腹を満たしました
ここで私はストックからピッケルに持ち替えます
そういえば最近スキーばかりで・・ピッケル久しぶりに使うかも(汗


画像



画像



(不帰キレット・・私にとって初めての「危険箇所」でした)
画像



画像



斜面は左手の谷へと急激に落ちていて、もし転んだりしたらかなり重大なことに
慎重に一歩一歩登っていきます
ここを登りきれば剱岳に会える・・絶対会いたい・・そんな思いで頑張って登っていきました


画像



(一部夏道も)
画像



画像



八方尾根は終始後立山の山並みを眺めながら歩くことが出来る最高の道です
素晴らしい景色とともに頑張ってここまで登ってこれました
そしてそこから見える景色からまた新しい感動と次の勇気を・・


画像



画像



(唐松岳)
画像



そこにいらした男性二人組の方はリフトの最終時間に間に合わないかもと登頂を断念する様子
私たちと前後していた女性二人組の方はそのまま最後の登りへ


私たちもその後を追います・・






後編へ】