大日三山縦走 <前編>

剱岳の展望と静かな稜線歩き・・


◆奥大日岳・おくだいにちだけ・2,606m・富山県◆

◆中大日岳・なかだいにちだけ・2,500m・富山県◆

◆大日岳・だいにちだけ・2,501m・富山県◆                                      

                                      2009年9月6日(日) 《知人と二人》


【行動時間 約7時間40分(休憩含む)】
室堂(7:45)―新室堂乗越(8:45)―奥大日岳(10:00)(10:20)―中大日岳(11:35)―大日小屋(11:45)(11:55)―大日岳(12:10)―大日小屋(12:20)(12:30)―大日平山荘(13:55)―大日岳登山口(15:25)





知人を車に乗せ以前より気になっていた山へ


4度目の立山駅に着いたのは午前5時半
9月に入ったこの時期のケーブルカーの始発は6時40分
けれど駅構内はすでに多くの人が列を作っていました


予定どおり室堂までの片道分の切符を購入
そのまま始発のケーブルカー、バスを乗り継ぎまだ目覚めたばかりの静かな室堂へ


朝日に輝く立山の稜線を眺めていると
昨年の道(立山三山)をもう一度歩きたいという気持ちにもなってくるけどそこはグッと我慢
一ノ越方面へと向かう人々の流れに逆らって静かな道を奥大日岳方面に向かいます


(大日岳~奥大日岳)
画像



(ミクリガ池 左遠景は奥大日岳)
画像



(地獄谷)
画像



池面に静かに山々を映すミクリガ池
不気味な音を立てて硫黄を噴出する地獄谷
石畳の綺麗な道を観光気分で歩いていきます
やがて見えてくるのはカラフルなテントが華やかな雷鳥平キャンプ場
そこから浄土沢に架かる橋を渡って新室堂乗越へと登っていきます


画像



画像



画像



草原状の斜面にはチングルマの穂が優しく風に揺れていました
やや黄みを帯びた風景にこれから深まる秋を感じます
でも日差しはまだまだ厳しくて・・また日焼けしちゃいそう・・


画像



画像



画像



画像



斜面を登りきって尾根に出たところが新室堂乗越
広がる展望を楽しみながら緩やかな尾根道を進みます
前方に見えるはずの白山が雲に隠れて残念・・


画像



(右のピークが奥大日岳最高点)
画像



画像



今回の楽しみは剱岳をまた違った方角から眺めること
昨年、別山から眺めた剱岳にはとても感動したけどこちら側から見る剱岳もステキ
ちらちらと眺めながら進んでいくと奥大日岳も間近に迫ってきました


画像



画像



画像



(登ってきた尾根の向こうに立山)
画像



画像



(剱岳)
画像



(剱と私♪)
画像



画像



画像



弥陀ヶ原にウネウネと続く道路が何だか違和感っぽく感じられました
山腹に付けられた急坂を登りきり奥大日岳最高点と三角点の間の稜線に出ると
目の前には早月尾根を長く引いた更に素晴らしい剱岳の姿が目に飛び込んできました


画像



画像



(毛勝三山方面)
画像



画像



そのまま稜線伝いに三角点のある奥大日岳山頂へ
でもここで最高点へ登っておかなかったことに後で後悔 (奥大日岳最高点はすごく展望の良い場所みたいです)
花崗岩の積み重なった山頂で今日初めての休憩をしました


画像



(マジックペン持ってくればよかった・・)
画像









後編へ】