裏銀座縦走 ③

悪天に急遽ルート変更・・楽しい3日間でした


◆三俣蓮華岳・みつまたれんげだけ・富山県/岐阜県/長野県・2,841m◆

◆双六岳・すごろくだけ・岐阜県/長野県・2,860m◆

                                              2009年8月7日(金)


【行動時間 約10時間10分(休憩含む)】
三俣山荘(6:15)―三俣蓮華岳(7:20)―双六岳(8:40)―双六小屋(9:40)(10:40)―鏡平山荘(12:20)―わさび平小屋(15:10)―新穂高(16:25)





聞こえるのはテントを叩く雨の音・・


4時にセットしたケータイの目覚ましが鳴る前に起床
音だけでは信じられずにそっと外を覗いてみても見えるのは雨に煙る隣のテントのみ

そのままその白い風景をぼ~っと眺めていました




朝の時間が早く過ぎるのは山の上も同じ
ほかのテントが賑やかになってきたのに気づいて家族を起こしパンとスープだけの簡単な朝食
雨が小降りになった時を見計らって素早くテントを撤収しました


画像



気分は空と同じグレー色
ほぼ一年ぶりのレインウェアだけが雨の中に華やかです
それでも頑張って登らなきゃ前へは進めません
降りしきる雨の中、カメラを取り出すこともあまり出来ずに
ガラガラの岩の道を黙々と登っていきました


(本日は雨にてコンデジ撮影)
画像



展望もなく少し風もあったので休憩もそこそこに歩き出します
稜線伝いに一旦下って登り返し未踏の双六岳へ
広い稜線は少しガスも出ていたので要注意
岩に書かれた矢印や小さなケルンを見逃さないよう特に注意して歩きました


画像



(ガスの中の広い尾根道は要注意・・)
画像



画像



稜線ルートを進みやがて誰もいない双六岳山頂に到着
以前より登ってみたい山ベスト3くらいに入ってた双六岳だったけどこのお天気じゃ・・
眼前に広がる素晴らしい景色を想像してみても見たことがないので思い浮かばず
すっかり意気消沈してしまい登頂の感激もそこそこに次の目的地へ
雨は一向に止む気配はありません
傍で子供たちだけが「サイコロ岳~♪」と楽しそうでした


画像



(一瞬迷いかけたガラガラの広い尾根道)
画像



雨中登山は楽しいときもあるけど今日は何だかモチベーションも上がらず・・
この後のことは少し前から既に心に決めていました




断続的に降りしきる雨に今日予定していた西鎌尾根から槍ヶ岳までの行程は諦めることに
危険なルートはやっぱり安全第一に・・それに雷も怖い・・

赤い屋根の綺麗な双六小屋から下界に連絡して車の陸送先を新穂高に変更
双六小屋で停滞も考えたけれど小屋から新穂高までの標準CTは5時間半
子供たちもそれくらいなら頑張れるとのことで今日の下山を決めました
(子供たちも最近時間の感覚がおかしかったりする・汗)




とても雰囲気のいい双六小屋
ここにはまた来ることを約束してテン場の横を通り鏡平に向けて歩き出しました
今年の夏休み山行も終りに近づいてる・・そう思うと何だか寂しい気持ちになってきます


画像



画像



画像



(花見平の雪田は残雪たっぷり)
画像



画像



画像



画像



花々が咲き乱れる稜線のトラバース道が続きます
ガスの向こうの見えない絶景を想像するとまたすぐにでも再訪したい気持ちに
次に来る時は新穂高から双六岳、槍ヶ岳を登って南岳へ周回してみようかな
お天気の良いときに・・


画像



画像



弓折岳への分岐を過ぎてしばらくすると鏡平山荘に到着
逆さ槍も山荘のかき氷も次に来る時のお楽しみ
こちらはさすが新穂高からの人気ルートだけあって
この雨の中でも次から次へと登山者の列が続きます


画像



画像



画像



画像



画像



雨で水量の増した沢をいくつも徒渡
ゴロゴロとした大岩の続く登山道は同じエリアの笠新道を思い出しました
雨は相変わらず降り続いていて雷鳴も時折聞こえてきます


画像



画像



画像



林道は完全に川と化していました
わさび平小屋はこの時間からでも次々と登ってくる登山者で今日の宿泊は大変な様子
賑わう小屋の軒先でしばらく休憩したあとゴールまでのあと1時間の道を急ぎます
途中で通過した笠が岳の登山口がとても懐かしかったです


画像



左俣谷は恐ろしい轟音を立てながらすべてを飲み込むかのような濁流となっていました
普段は綺麗な川だと思うけれど自然の美しさと危険は紙一重
これからも山と自然を楽しむために安全第一に考えて行動したいです



いつもの「平湯の森」で楽しい3日間の思い出に浸って帰りました
(にしてもやっぱり不完全燃焼ぎみかな・・)








◇ ◇ ◇









部屋の壁に貼り付けてある北アルプスの地図です(写真は南部のみ抜粋)

画像


赤く塗った箇所は歩いたルートです
少しずつだけど増えていくのがとても楽しみ
次はどこを赤く塗ろうかな・・










<平成21年度夏休み山行>
裏銀座縦走一日目 ブナ立尾根~烏帽子岳~烏帽子小屋 は コチラ
裏銀座縦走二日目 烏帽子小屋~野口五郎岳~鷲羽岳~三俣山荘 は コチラ
裏銀座縦走三日目 三俣山荘~三俣蓮華岳~双六岳~新穂高