大日ヶ岳で初パウダー.。.:*・゚☆

さてそのお味は・・


◆大日ヶ岳・だいにちがだけ・岐阜県・1,709m◆

                                       2009年2月22日(日) 《主人と二人》


【行動時間 約3時間50分(休憩含む)】
ゴンドラ終点(8:20)―大日ヶ岳(9:10)―大日谷滑降―1500m地点にて登り返し―大日谷滑降―1550m地点にて登り返し―叺谷滑降(11:15)―1500m地点にて尾根取付―前谷トラバース―ゴンドラ終点(12:10)




比較的近場でありながらまだ登ったことがなかった岐阜大日ヶ岳
初めて登るのが雪山しかもスキーだなんて以前は思ってもみなかったことです
下調べはいつも以上に入念に
天候は今日も午前中勝負のようです



高鷲スノーパークのインフォメーションでひとり1500円の登山券を購入
ゴンドラに乗ってゲレンデトップまで上がると右手の柵の向こうにトレースは始まっていました
シールを貼るとすぐに出発
登り始めると次第に山は本来の姿を取り戻したみたいに静かになっていきます


画像



画像



雰囲気のいいブナ林の中を稜線に向かって登っていきます
途中でダイナランドスキー場から登ってきた方と出会いました
そちらの方らだと山頂まで1時間ほど多く時間がかかるみたいです


画像



画像



前回は靴のバックルを緩めて歩いていたためか足首が痛くなったので
今回はしっかり締めて歩きます
おかげで足首は痛くならなかったけど代わりに違う場所が (汗 
なかなかラクに登らせてはくれないなぁ


画像



(大日ヶ岳)
画像



前大日を過ぎると大日ヶ岳本峰を目の前に一旦下ります
シールを付けたままなのでそんなにスピードは出ないけど狭い場所を滑るのはやっぱり怖い
山頂手前の急坂で後ろを振り返ると続々と登ってくる人の姿が見えました


(前大日)
画像



(左手に 水後山)
画像



(水後山の奥には 小白山・野伏ヶ岳・薙刀山など滑ってみたい山がズラリ)
画像



画像



景色を楽しみながら大斜面をジグザグに登りつめていくとやがて広い台地状の山頂に到着
360度の展望、とりわけ久しぶりの白山との対面にはとても感動しました
どこまでも続く白い山並みはとても綺麗だけど
やっぱり白山の白さには敵わないなぁ・・と思うのです


画像



(白山連峰)
画像



(左・別山 右・御前峰)
画像



画像



展望を楽しんだあとはシールを剥がしていよいよ滑降です
高度計の高度を合わせ、地形図と目の前の地形を照らし合わせました
ちょっと木が多いように見えるけどここが大日谷・・


人影は見えなかったけど数本のトレースに少し安心
雪庇の切れ間から谷に吸い込まれるように思い切って滑っていくと・・


わ!柔らかい!


バランスを崩していきなり転倒
ふかふかサラサラの雪は転んでも痛くないけど脱出が大変です
雪まみれになりながらなんとか立ち上がって再チャレンジするもまたすぐ転倒・・




浮いたり沈んだり浮いたり沈んだり・・不思議な浮遊感
出だし2回ほど転倒したけどその後はなんとか持ちこたえました
振り返って自分の付けたトレースに自己満足・・


(左・スピード感のない私のトレース(汗  右・主人のトレース)
画像



画像



画像



その感覚がだんだん心地よくなってきました
木々の間も転倒することなくどうにかすり抜け
目安の高度1500m地点にもあっという間に到着


よ~し、もう1本!


すぐにシールを貼ると登り返して大日谷2本目の滑降
今度は一度も転倒することなく滑ることが出来ました
登り返す時間に比べて滑る時間は本当にあっという間
でもどうしてこんなに楽しいのかな・・


再びシールを貼って登り返し、次は尾根ひとつ隣の叺谷に向かいます


画像



画像



見下ろす叺谷は大日谷より傾斜が急
だけど思い切って飛び込みました
大日谷よりちょっと重いパウダーに足を取られます
ヘッピリ腰でなんとか1500m地点まで滑り降り、振り返ってその急斜面にあらためてびっくり・・


画像



画像



今日は一体何度シールを貼ったり剥がしたりしてるのか
粘着力がすぐに弱くなってしまいそう


シールを貼って右手の尾根に取付きます
尾根を越えると谷越しにゴンドラの終点駅の屋根が見えました
あとは谷をトラバースしながら回り込んでいくだけです


画像



画像


賑やかな音のする方へ直滑降ぎみに滑っていくとやがてゴンドラ終点駅の一角に到着
ゲレンデの雪面がとても硬く感じられました



今日は登ったり滑ったり登ったり滑ったり・・で大変だったけどなぜか楽しい一日でした
初めてのパウダーの味はまろやかでピリリと辛い、そんな不思議な味でした