ラッセルに敗退★取立山

膝上ラッセルにあえなく敗退・・でも嬉しい出会いがありました♪


◆取立山・とりたてやま・福井県・1,307m◆

                                           2009年1月18日(日) 《単独》


【行動時間 約2時間45分(休憩含む)】
東山いこいの森登山口(8:20)―夏の駐車場(10:05)(10:20)―東山いこいの森登山口(11:05)




久しぶりに白山に逢いに行きたいなぁと思っていました


週末毎に悪くなる意地悪なお天気
このサイクルは合わなくなるととことん合わないような気がするけど
ようやくこの日曜は待望の晴れマーク


・・といっても午前中だけでお昼からは崩れる様子
週間天気予報を見てみても来週末も期待できそうにありません
比較的短時間で登れる取立山に行ってみることにしました


午前中勝負だと思ってセットした目覚まし時計が5時を知らせます
この寒い季節、山登りにおける自分との戦いはすでにこの瞬間から
壮絶な戦いの末、布団から出たのは6時半 (汗


コンパス、地形図、ツェルト、予備の食料、etc・・・
数日前にお隣の山で事故も起こっているので装備も十分に
国道脇の駐車場にはすでに4台ほどの車が止まっていました

画像


天候は思っていたほどよくない様子
国道脇からすぐに雪道となり潜るのでワカンを履いて登り始めます
スキー跡のトレースは夏道どおりに続いていました

画像


後ろから単独スキーヤーが追い越していきました
やはりスキーの方がワカンより歩きやすいのか、私との距離はぐんぐん離れていきます
そのうち複数あったスキーの跡はあちこちにショートカットしていき
私を追い越して行った方が前方で新雪ラッセルしている様子

画像


昨日は随分降雪があったみたいです
スキーのトレースを追うけれど、2番手の私は場所によっては膝上にもなるラッセル
重く湿った雪になかなか前に進めず思わず泣きそうに (汗

画像


それでもとにかく夏の駐車場まではと
騙し騙し、一歩一歩登っていきます
頭上の雲は少しずつ厚みを増しているようでした

画像


駐車場手前でいくつかのショートカットは合流し
ようやく少し歩きやすくなった道にホッ・・
埋もれた電話ボックスから雪の深さがわかりました

画像



(越前甲)
画像


誰もいない夏の駐車場の広い雪原で腰を下ろして休憩
激ラッセル(私にしてみれば)にかかった予想外の時間
天候下り坂でお目当ての白山の展望も今日はムリみたい・・



斜面から滑り降りてくる単独スキーヤーが見えると
それに合わせるかのように私も下山を始めました
すぐに追いついてきたその彼としばらく立ち話
その後、気になる山スキーのお話など伺いながら下山をご一緒することに

画像


同じ趣味を持った人との会話はとても楽しいもの
でもそれ以上に彼のお名前を伺って私はすぐに反応してしまいました



乾さんはテレビなどにも数多く出演されている山岳写真家です
つい一昨日も某局の白山の特番で拝見したばかり・・
その珍しいお名前は私の記憶に刻み込まれていました



意外な方とのステキな出会い
途中撤退してなかったら今日のこの出会いはなかったかも

そんな一瞬の山での出会いも
また会える日を誓って別れる時も
山の楽しみのひとつとして忘れられない出来事です



今日もとても楽しい一日でした






(’07 2月 取立山山頂からの白山)
画像