師走の低山歩き・霊仙山 <後編>

白い珊瑚のような樹氷が昨晩の出来事を物語っています

画像



画像


最高点と三角点の二つのピークから成る霊仙山
まず向かった三角点の標柱の向こうには広大な琵琶湖が望めました

画像



画像



画像



(西南尾根の向こうには鈴鹿山系の山並)
画像


温かいコーヒーがとっても美味しい・・
展望を楽しみながらしばらく休憩したあと
反対側のピーク(霊仙山最高点)へと向かいます

画像



画像



画像



(伊吹山方面)
画像


凍った笹薮の間の道を足下を濡らしながら登っていくとほどなく山頂
対岸の斜面に白く輝く樹氷がパッと目を引く華やかさ
アルプスもうっすらと見えてしばらくその展望を楽しみました

画像



画像



(御岳山)
画像



(うっすらと南アルプス)
画像


じっとしているとさすがに寒いので引き返すことにしました
往路では凍っていた道も陽が高くなるにつれ少しずつ融け出し
この地特有の粘土質の滑りやすい道に
緩い起伏を繰り返す広い台地はまるで空中庭園「霧ヶ峰」のような雰囲気です

画像



画像



画像



画像



(雪の花・・)
画像



画像



画像


よく整備された道をのんびりと歩いていきます
今日も楽しい一日でした

画像


陽の当たる明るい登山道
どこまでも続く気持ちのいい青空


なのに頬に当たる風はやっぱり師走の冷たい空気を含んでいるのでした

画像



画像