二つの立山撤退・・の巻

山頂まで行けなくてもいいから
フカフカの新雪の上を縦横無尽に歩いてみたい
景色も見えなくてもいいから雰囲気だけでも味わえたら


そんな思いで早起きしてひとり向かった立山だったけれど・・


交通機関がストップ!!


断続的に降り続く雪のため除雪が思うようにはかどらず
ケーブルカーは別としてその先、美女平から室堂までの高原バスの運行は見通しが立たない状態・・


立山駅構内にそんなアナウンスが流れると
およそ100人ほどのスキーヤー、ボーダーの口から一斉に深いため息が漏れました
前日(22日)のアルペンルートのHPでは除雪は完了したとのことだったのに・・


現在道路には1メートルの積雪があるとのこと
わずか一晩でそれだけ積もってしまったということなのかな
やっぱり立山の降雪量ってすごい・・





100人くらいの登山者の行列なんて見慣れていたはずの私
でもいつもとは全然違うその迫力にはただただ圧倒されていました
まるでゲレンデみたいに構内を埋める板やボード
年齢層もいつもと違う感じ(20~30代が多い!)
私みたいなワカン(スノーシュー)登山の人なんているのかな
どんな板を使っているんだろう
しばらく様子をみるのに待っている時間も退屈しませんでした





キョロキョロしながら1時間ほど時間を過ごしたけれど
一向に復旧する気配もなく諦めて帰り始めている人の姿も
室堂も強風で状況が悪いとのこと
私もここに来てこの雰囲気を味わえただけでも得るものがあったかなと思うことにして
賑わう立山駅をあとにしました

次に来るときは私も・・

 
                   


そのままノンストップで福井に戻り時間を見るとまだ11時前
このまま帰るのももったいないような気がして地元の「立山」へ


東山いこいの森に車を停めスキー跡の残る林道を歩いていきます
10センチほど沈んで歩きにくいのでワカンを装着しました
ショートカットの跡もあるけどまだ藪藪で大変そう・・


画像



頭上に見えている青空に雲がすごい勢いで流れていきます
静かな道を約2kmほど歩いたころ
「今日は何だか乗らないなぁ、帰ろ・・」






今日は立山を二つも撤退してしまいました(汗






※一応・・地元の立山とは「取立山」(とりたてやま)のことです・・