晩秋の山歩き・赤兎山

赤兎山にも冬の足音が聞こえていました



◆赤兎山・あかうさぎやま・福井県・1,629m◆

                                    2008年11月2日(日) 《単独》


【行動時間 約3時間20分(休憩含む)】
小原登山口(11:55)―小原峠(12:25)―赤兎山(13:00)―赤兎避難小屋(13:15)(13:40)―赤兎山(13:55)―小原登山口(15:15)





いつもブログでお世話になっているキーヤンさんたちとのオフ会
お誘いいただいたルートは私も以前より歩いてみたい道だったのでとても楽しみにしていました
ところが・・


登山口撤退 (汗


私の不注意により車が故障で立ち往生・・  
キーヤンさんたちからは優しい言葉を掛けていただいたけれど
ロングルートゆえ御迷惑をお掛けするわけにもいかず同行を断念させていただきました・・


キーヤンさんは彼のブログから与えられる印象どおり、明朗快活爽やか!といった感じの人
同行のわいぱさんは笑顔のやさしいステキなおじさま・・


自分の馬鹿さ加減に呆れながら落ち込む私だったけれど・・



                   

                                   





数時間後、見事(?)復活を遂げた私は
彼らが今登っている最中のルートの反対側のルート(最短コース)から同じ頂を目指すことに
小原登山口の駐車場は今日も満車状態でした


画像



画像



画像



画像


サクサク・・
乾いた落葉の音と踏みしめる足裏の感触を楽しみながら緩やかな道を登っていきます
晩秋の山道は鳥や虫の鳴声もない静寂に包まれています

画像



画像


やがて賑やかな声が聞こえてきたかと思うとそこは分岐点の小原峠
休憩する方々に挨拶しながらそのまま右手の赤兎山に向かいます
次第に渋滞で混雑していく列の後ろをゆっくりと登っていきました

(背後には 大長山)
画像



画像


山頂で年配のご夫婦が「この先には何があるのですか」とのこと
「この先にはとっても綺麗な風景が広がってるんですよ、ぜひ・・」と言うと
始め躊躇していたご夫婦も私の後から付いてこられました
するとまもなく背後から感嘆の声が聞こえてきてちょっとうれしくなる私・・



今日の白山はご機嫌ななめ
重く垂れ下がったカーテンの裾からは白いものがチラリと見えています
もうそんな季節になったんだなぁ・・

画像



画像



(別山・三ノ峰も白く・・)
画像



画像



(白山)
画像



画像



画像


時刻はもうすぐ1時半・・
「ひょっとしたら・・」のバッタリ作戦も失敗に終わり (汗
やがて誰もいなくなった赤池周辺で写真を撮ったりしながらのんびり過ごしました

画像



(福井県唯一の高層湿原「赤池」)
画像




画像


小屋周辺でのんびりと時間を楽しみ来た道を戻っていきます
少し見えていた晴れ間も次第に厚い雲に覆われ辺りは寒々とした雰囲気
葉を落とした木々の間からは冬の足音が聞こえてくるようでした


画像




画像







キーヤンさん、わいぱさん、またご一緒させてくださいね