濃縮の山・冠山

のんびりまったり山歩き。



◆冠山・かんむりやま・福井県/岐阜県・1,257m◆
                               2008年6月1日(日) 《単独》


【行動時間 約2時間35分(休憩含む)】
冠山峠(13:10)―冠平(14:25)―冠山(14:40)(14:50)―冠山峠(15:45)





午前中の所用を終えると仕度をして出発
お天気がいいとやっぱり我慢できないのです
急遽思いついた山は「奥美濃のマッターホルン」
特異な山容が魅力の花と展望が楽しめる山


冠山林道を延々と走り岐阜県との県境にある冠山峠へと向かいます
狭い林道は時間的にすれ違う車が多くて大変
あちこちで起きている落石にも注意しながら奥深い山道を走っていくと
やがて異様な賑わいの冠山峠に到着しました

(冠山峠より遠方に冠山)
画像



(冠山)
画像


冠山を前方に眺めつつ石碑の後ろから登山道へ入っていきます
尾根伝いに続く道は登ったり下ったりの繰り返し
新緑の緑が目に心地よく
鳥の囀りが耳に優しく響きます

画像



画像



画像



画像


不思議と心が落ち着く緑に包まれた空間
そんな緑のトンネルを抜けて開けたピークに達するたび
少しずつ姿を変えながら近づいてくる冠山が眺められます

そして足下に咲く「チゴユリ」「スミレ」「イワカガミ」・・
久しぶりの再会は本当にワクワクするものです

画像



画像



画像



画像



画像



画像


それほどキツさを感じない歩きやすい道
すれ違う多くの登山者と交わす挨拶も今日は余裕です
ニッコリモード全開で調子に乗ってたらつい・・口走ってしまいました  (汗

「いらっしゃいま・・・」

「・・???」

画像


サンカヨウもひっそりと咲いていました
白い花、とりわけサンカヨウは私の一番好きな花です  (特に、濡れて半透明になったときが・・)

画像



画像


その後、冠山を仰ぐように見ながらその左山腹を巻くように登っていくと
笹原の広がる冠平に到着
もうしばらく経てば様々なお花でいっぱいになる場所です

画像


さぁ、もうあとひと登りで山頂
そこから見える冠山は尾根上で見えていたものとはまた違う穏やかな山容をしています
そしてその斜面は今日の一番のお楽しみ・・

画像



画像



画像



画像


タテヤマリンドウです
立山に咲くことからその名の由来があるようです
標高のわりにこんな高山植物が咲いているなんて本当に不思議・・

小さな花だけれど綺麗なブルーの花びらが登山道によく引き立っていました

画像



画像


冠平から見えた穏やかな斜面も実際は岩の露出した急斜面
ロープを頼りにしながらイワカガミやタテヤマリンドウが咲く道を慎重に登っていきました

画像



画像


稜線に到着し左手に少し進むと360度の展望の山頂です
今日は賑やかだっただろう山頂もこの時間私で貸切
私だけの山頂、私だけの展望に感激です

(西側・後方に金草岳)
画像



(北側・うっすらと荒島岳)
画像



(南側)
画像



(北側)
画像


ひとりきりの狭い山頂がなぜか楽しい・・

ずっとここにいたい気持ちを抑え下山にかかります
眼下に冠平を見下ろしながらゆっくり下りていきます
この笹原が黄色く染まるのももうすぐ
そんな様子もぜひ見てみたいと思いました

画像



画像



画像


画像



画像



画像



画像


今日はとても短い時間だったけれど・・
冠山は緑と花と展望がギュ~っと濃縮された素晴らしい山なのです

画像