カタクリ満開の文殊山

彼女たちも春を待ちかねていたようです・・



◆文殊山・もんじゅさん・福井県・365m◆

                               2008年4月6日(日) 《単独》


【行動時間 約1時間半】
南井登山口(11:40)―カタクリ群生地(山頂付近)(12:20)(12:45)―南井登山口(13:15)




前日に引き続いて穏やかな春らしいお天気
時間が空いたのでまた近くの山に行くことにしました
文殊山はカタクリの群生地があることでも知られています
道路脇の桜は満開
カタクリの花期は桜が咲くころと覚えています

画像


春の花を探しながらゆっくりと登っていきます
どこにでもあるような身近な里山なのに
ちょっと歩くだけで
この季節を代表するお花たちに出会うことができました

(つくし)
画像


(ネコノメソウ)
画像


(ヤマエンゴサク)
画像


(タチツボスミレ)
画像


(イカリソウ)
画像



そしてその中でも
とりわけ強烈な個性を放つこのお花だけは
どんなことがあっても会わずにはいられません

(カタクリ)
画像



画像



画像



画像


それぞれの存在を主張するかのように咲き競うカタクリで
文殊山の林床はピンク色に染まっていました

画像



画像



画像


満開のカタクリ
どうやら彼女たちも春を待ち焦がれていたようです・・