北アルプス縦走③<槍ヶ岳~槍沢~涸沢>

憧れの頂からの素晴らしい展望にはとても感動しました。


{三日目}

◆槍ヶ岳・やりがたけ・3,180m・長野県◆

                       2007年8月6日(月) 《家族登山》
 

【行動時間 約11時間(休憩含む)】
殺生ヒュッテ(6:15)―槍ヶ岳山荘(6:35)(6:55)―槍ヶ岳山頂(7:15)(7:30)―槍ヶ岳山荘(7:45)(8:25)―殺生ヒュッテ(8:45)(9:15)―槍沢ロッヂ(12:10)(12:20)―横尾(13:40)(14:15)―涸沢(17:05)  テント泊 



午前2時
目覚めるとすぐ空を見上げた
雲ひとつない空を埋め尽くす宝石のような星たち
その下に黒いシルエットを浮かび上がらせている槍ヶ岳
見飽きることの無い雄大な景色だ

星が流れた
「今日も一日無事過ごせますように・・」


           


殺生ヒュッテからは朝日は見ることが出来ない
東鎌尾根がジャマしている

空が薄ピンク色に染まったころ
槍ヶ岳山荘のほうで歓声があがった

画像


やっぱり上まで上がっておけばよかったかな・・


画像


テントと荷物はそのままに
山頂往復に出発・・

ガラ場にジグザクに付けられた道
早朝の体には堪える急坂だ

画像



画像



画像


次第に近づく山頂に心ときめく
岩壁にへばり付く人、人・・

画像



画像


北アルプスの十字路
槍ヶ岳山荘前は多くの人が行き交う
そこからの展望もとても素晴らしかった

画像



画像



画像


しばらく展望を楽しんだあと
いよいよその頂へ
期待と不安で胸が高鳴る

画像



画像


鎖あり、ボルトありの岩壁は
やや渋滞ぎみであり
落石を起こさないよう注意して登っていく

それでも
三点確保できっちり登っていけば
それほど難しいルートではないのかな・・

画像



画像


最後に垂直の長い梯子を2本登れば
北アルプスの真ん中
憧れの頂に!

画像


くの字形の狭い山頂は高度感がすごい
立って歩くのがやっとだ

画像



画像


本当に素晴らしい360度の大展望
ここからはたくさんの山々が見渡せる

これからはそのたくさんの山々からこの頂を探すことだろう

画像



画像


表銀座・裏銀座の山々、穂高への稜線、北鎌尾根の独標・・
しっかりとこの目と心に焼付け下山にかかる


画像


私たちが一往復する間に三往復されている方がいた
「自己記録」をつくるんだと言っていた
どうやら小屋で働いている方らしく
そのあと小屋の布団を干していた

彼はこの夏
どこまで「記録更新」するのかな・・

画像



画像



画像


殺生ヒュッテでテントを撤収し
そのまま槍沢を下る

だんだん小さくなっていく槍ヶ岳との別れは寂しい

画像



画像



画像



画像



画像



画像



本当は
大キレットを通りたかった
アルプスを代表する魅力ある縦走コースは一度は歩いてみたいもの
最後まで迷っていたけれど・・


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像


長い下りでようやく横尾に到着
少し疲れていたので
ラーメンとアイスクリームで気分をリフレッシュ

次は涸沢への登り・・長いなぁ・・

画像



画像



画像



画像


ここまでくるとさすがに疲れてきた
写真もほとんど撮ってない・・

曇った空からは時折雷の音が聞こえてくる

画像



画像



画像


そしてようやくたどり着いた涸沢だったけれど
山々は深いガスに覆われていて残念だった

画像



画像



画像



画像



今年の涸沢は残雪が多いようだ
テント場も3分の2は雪で埋まっている

この雪であの斜面を登れるのかな
明日の天気はどうだろう
色々心配になったけれど・・

疲れた体が深い眠りに誘われるのに
そう時間はかからなかった






一日目:中房温泉~燕岳
二日目:表銀座~東鎌尾根
【三日目:槍ヶ岳~槍沢~涸沢】
四日目:奥穂~前穂~岳沢