文殊山  365m

色彩豊かな花々、樹々の芽吹き、鳥たちのさえずり・・生命の躍動が感じられる春の里山歩きでした。


◆文殊山・もんじゅさん・福井県・365m◆
                 2007年4月15日(日)《単独》


早朝の山の空気が好き。
靄に包まれた森。
朝露に濡れた葉っぱ。
何もかもが清々しく神秘的。

この空気を独り占めしたくて、
今日は朝早く出てきた。
案の定、
まだ誰も登っていないようだ・・。


画像



南井コースより登っていく。
道は急であるけれど、
九十九折に続いていてさほど疲れは感じない。
鳥たちのさえずりのほかは何も聞こえずとても静かだ・・。


画像



画像



画像



画像



色とりどりの花を目と写真に納めつつ、
ゆっくりゆっくり登る。


画像



画像



画像



画像



画像



「山婆の岩洞」と呼ばれる岩穴があり、
何者かが住んだ跡だといわれている。
気味が悪いので覗くのは止めておこう・・。


画像



画像



そして稜線上に出れば、
あちらこちらでカタクリの大群落。

画像



画像



画像



まだ朝早いせいか花は開ききっていない。
でもこの規模の大きさからいって、
おそらくこの辺じゃ一番の大群落。


山頂の「大文殊」からは福井市方面の展望が良い。

画像



画像



白山は・・・
やっぱり霞んで見えなかった(残念)。

誰もいない静かな山頂でゆっくり展望を楽しんだあと、
帰路の大正寺コースへと向かう。
その稜線上もカタクリの大群落は続いている。


画像



画像



カタクリの見ごろは4月上旬頃までと聞いていたのだけれど、
この暖冬でもう花は終わっているかもしれないと思っていた。
でもなんとか、間に合ったかな。

早春の風物詩、
文殊山を華やかに彩ったカタクリももうここ2、3日で終わりだろう。


画像



画像



画像



柔らかい緑が辺りを包む。
木漏れ日までもが緑色に染まっているようだ。


画像



そして鳥たちのコーラス。
美しい声で誰の心を射止めるの?


画像



突然背後から
「ギャー、ギャー!」
と、
甲高い鳥(?)の声。
そう、ジュラシックパークのような。
その主人公みたいに、
そぉっと後ろを振り返った。


ア、シマッタ!


画像



この山に登った人は知恵を授けられるといわれている。
ただし、
後ろを振り返ってはいけない。
後ろを振り返れば、
知恵は授けられない。



私はいったい何度登れば、
知恵を授かるのだろう・・。


画像