雨の中  文殊山 (365m)

先々週、文殊山に登ったのですが、
途中で道がわからなくなり敗退・・・(涙)
初めて登る山じゃないのにどうして???

なんか、
きつね(たぬき?)に騙されたみたいです。

というわけで、
4月16日 (雨)  リベンジ登山してきました。

またも、ナガグツくん登場!(愛用です)
そして今回は、
ストックの代わりに傘ーーー!
なんだかそこらへんを散歩するようなイデタチですが・・・

低山では、これでも充分だ、
ということがわかったんです。
雨が降ってきたら サッ・・ と傘をさし、
止んだと思ったら パッ・・ と一瞬にしてストックに早代わりーーー・・・
あの、
ザックの中からレインウェアを取り出す手間が省けます。
ラ・ク~♪

といっても、
これは風がない日で
急な上り、降りの無い山だけに使える限定商品なのでしょう。
うーむ、ムズカシイ・・・

さて、
今回の文殊山、
大正寺コースより登りました。
登山口には物騒な看板が。
画像
 
気にしない、気にしない (って、かなり動揺・・)

杉林の中をずんずん進んでいきます。
画像

そして百階段と呼ばれる階段をのぼっていき、
しばらくすると、
室堂に到着。
室堂は 小文殊とも呼ばれており、
そこから頂上の大文殊が眺められます。
室堂にはさくらの木がありましたが、
まだツボミでした。
画像

ベンチで一息入れた後、
再び登り始めます。

やがてコンクリートのデン!とした展望台が現れます。
晴れていたら、
白山がことのほか綺麗に見えていたことでしょう。
残念・・・

その先は
カタクリの群生地です。
広い範囲にわたってむらさき色の花をつけたカタクリが咲いていました。
画像

ちょっとこの写真ではわかりづらいですな・・(汗)
じゃアップでどうぞ。
画像

ハイ、これもいまいちでしたっ。

さて、
程なく大文殊に到着~♪
するとそこにはたくさんの人が・・・!
来週(?)に行われる春たんぼ祭りの準備だそうです。
雨の中ごくろうさまデス。

そこを足早に通り過ぎ、
景色のよい所で、
家で作ってきたやきそばを食べました。
本当に
外で食べるごはんっておいしんだよね~♪
最高です、雨降ってたけど・・・


結局、
往復約1時間半 と、超ハイスピード(私にとっては)で歩いた今回の文殊山。
この山の道中では後ろを振り向いてはいけない、 
と言われています。
この山に登ると知恵が授けられる、
という言い伝えがあり、
後ろを振り返ると、
折角授かった知恵を失ってしまうというのです。

わかってはいるけれど、
振り向くな と言われると、振り向きたくなるのが常でしょう。

何回も振り向きましたねー。
もう、これでもか! って感じで。

その行動こそが、
すでに知恵を失っていたのですね・・・(笑)